肩こりについて

こんな方に肩こりの症状でお悩みです

  • 長時間のパソコンをする方、枕の合わない方、ストレートネックの方
  • デスクワークの方、目が疲れる方、視力の悪い方
  • 姿勢の悪い方、抱っこをする子育て中の方
  • 長時間本を読む方、スポーツをする方
    (逗子だとウィンドサーフィン、サーフィン、サップ、釣り、ボート、ヨットが多いです)
  • 長時間運転する方、重労働の方(重たい物を持つ方)
  • ストレスのある方、通勤時間が長い方(遠くから逗子まで通われているなど)
  • 頭痛のある方、冷え症の方、血流の悪い方
  • 顎関節症の方、睡眠不足の方、生活習慣(喫煙、飲酒等をなさる方)

肩こりの一番の原因は疲労物質の蓄積が原因!

肩こりの原因は色々と言われていますが、一番の原因は疲労物質の蓄積=活性酸素の蓄積による血流低下、筋緊張の増加だと言われています。
運動や仕事で筋肉を使うことで活性酸素が貯まりその影響で筋肉の緊張と血流が低下した状態が継続的に続いてきます。
以前までは肩こりの原因は乳酸が原因だと言われていましたが、最近ではむしろ助けてくれる大切なものと考えられています。

なぜ活性酸素が出来るかというと、運動や仕事で負荷が掛かるときに体の細胞は大量の酸素を必要とします。その必要となった酸素の一部が活性酸素というものに変化するからです。
この活性酸素は非常に攻撃的な特性をもっているので筋肉を緊張させたり、血管内の脂肪が酸化して変性したもの(過酸化脂質となり)血流低下をおこします。

その結果、負のスパイラルというものが出来上がります。この負のスパイラルとは、活性酸素が貯まり、筋肉の緊張と血流低下による痛みが発生、痛みによりまた筋肉の緊張や血流低下が発生、活性酸素が貯まり…、繰り返し起きてくるというものです。

ご自身でできるストレッチと予防方法

肩こり予防は姿勢が大事肩こりの予防として一番重要になるのは姿勢です。

頭はボーリング位の重さがあります。その重さが重心上にないと倒れそうになる頭を周りの筋肉が落ちないように働きます。それが長時間続いてくると当然筋肉が疲れて肩こりへとなってきます。

なので、頭の中心上に糸が引っ張るようなイメージをもちましょう。
そうすると自然と顎を引き肩甲骨が寄せられ背骨が真っ直ぐになります。
そしてその際一番重要なのは、骨盤です。
骨盤が後ろに寝てしまうと真っ直ぐしようとしてもなかなか出来ないので骨盤を起こすように必ず意識してください。

姿勢の悪い方は、イスに座った際に少し太ももに体重を乗せて軽く前に体重を倒す感じで、頭が上に引っ張られる感じにしてみてください。
腰痛予防にも効果的なので是非試してみてください。

首の体操ストレッチ
  1. 頭の後ろに手をまわし首を前に倒します。
  2. 顎を前に出しながら後ろに倒します。
  3. 手を頭に置き椅子に手をつかみながら、つかんだ手の反対側に頭を倒します。
    その後右に倒し、倒した状態で、左に回転させます、その後に前に倒します。その状態にストレッチさせます。
首の体操ストレッチ方法
肩甲骨体操ストレッ
  1. 手を組んで肩甲骨を前に出します。
  2. 肩と肘を90度で、肩甲骨を後ろに引きます。
  3. ①と②を交互に繰り返します。
肩甲骨体操ストレッ方法

お悩みの方へのメッセージ

当院では何が原因になっているのか、どこが原因になっているか、きっちり診断し、根本的な肩こりの治療をしていきます。

だから効果の高い施術が可能になり、多くの方に喜んで頂けています。

是非肩こりの方は、ご相談ください。また自分では自覚が無いが症状があるケースもあるので、お気軽にご相談ください。


046-876-5538
予約優先・お問い合わせ:046-876-5538
web予約はこちらから

このページのTOPへ