妊婦さんでも安心施術

マタニティーコースの特徴

マタニティーコースは、安定期(15週)~産後6ヶ月の方を対象としたコースです。
症状や部位によって異なりますが、安定期に入られてからのご来院をおすすめします。
産中の腰痛、肩こり、産後母体症候群などの症状に合わせた改善コースとなっています。

マタニティーコースをすすめる理由

産前産後に身体を壊す方がとても多いと聞きます。特に安定期(15週)~産後6ヶ月のお母さんの身体は他の方と異なりとても大切な時期です。

産前産後は、通常とは比べ物にならないほど身体に負担がかかってきます。
産前はお腹が出てくるのに比例して、腰や膝に無理な負荷がかかります。

また、産後は出産時の疲れや赤ちゃんのお世話、家事など身体以外にも重圧がかかります。
無理を続けていくと心の余裕をなくし、身体を壊してしまう方までいます。

施術方法

安定期~妊娠中期

症状
妊婦さんは安定期に入りお腹が出てきて、骨格自体に変化が出てきます。
腰が痛くなったり、肩が辛くなったり、むくみ、しびれなど様々な症状が起こってきます。
また、足への血管が圧迫されてこむらがえりなどの症状があらわれたり、横隔膜がお腹に押し上げられる事で起こる胸の筋肉の緊張やなんとなく息苦しいなどの症状も出てきます。
施術方法
妊娠中期までにでる症状に対して、少しでも身体を軽くするような施術を行います。

妊娠の中期~臨月

症状
この時期はお母さんの身体が急激に変化し「リラキシン」というホルモンが大量に分泌されます。このホルモンは産道を確保するために全身のじん帯をゆるめる作用がありますので、この時期の悪い姿勢は強いゆがみの原因になります。
施術方法
産前に起こる様々な症状や全身のこり、痛みをできるだけ取り除いていきます。
お母さんがリラックスすると「オキシトシン」というホルモンが促進され、出産に関わる靭帯や関節をゆるめたり赤ちゃんに”安心””心地よさ”を与える効果があります。

産後

症状
授乳や抱っこなど何かと身体に負担がかかりやすく、また育児により不眠、手首の痛み、肩こり・腰痛など、子育ては休む時間がありません。
産後は骨盤底筋がゆるむため『尿もれ』が起こることも多々あります。
ゆるんだ骨盤、腹筋・お尻の筋肉は産後の体型だけではなく姿勢の崩れ歪みにより、身体の様々な痛みの原因にもなります。
施術方法
産後、骨盤のゆるんだ時期に骨盤整体とゆるんだ骨盤底筋群の筋肉を運動させ、身体を自然で綺麗な状態に戻す施術を行います。

お悩みの方へのメッセージ

私にも子どもがおりますので、奥さんの妊娠の際はその辛い様子を目の当たりにしていました。
ですので、一人でも多くのお母さん方にお悩みを解消していただき、リラックスした状態で出産・子育てに 励んでいただきたいと思います。

妊婦だから仕方がない、病気じゃないからと諦めず、一度ご相談ください。


046-876-5538
予約優先・お問い合わせ:046-876-5538
web予約はこちらから

このページのTOPへ