スポーツ障害でお悩みの方

スポーツ障害治療

症状によって電気をあてたりテーピングなどの固定が必要な物もあります。
痛みや腫れを軽減させるために必要な処置を施し、後遺症を残さないような生活指導を行います。

スポーツ障害の種類や状況、症状によって治療は異なりますので、それぞれの部位に痛みや腫れ以外にも違和感がある場合などはお早めにご相談ください。

スポーツ障害とは?

スポーツ傷害とはもともとスポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の総称です。

一般的に言われるスポーツ障害とはいろいろな部位に症状がでるのですが、肩や肘、膝などやっているスポーツで痛める部位に特徴があります。
例えばテニス肘、野球肩、疲労骨折など一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょか。

簡単に言うと、スポーツをしていて起こってしまった症状ですね。使い過ぎからくるものや、外傷によるものも含まれます。

成人だけでなく成長期のお子さんによく見られる障害の一つでもあります。

1回の強い力で起るケガ

運動中に人とぶつかったり、勢いよく転んだりした場合の強い外力によって起るケガです。
からだに働く力が大きく、ケガの重症度も高くなりがちです。

局所の治療にあわせた、ケガ以外の部分の持久力や筋力などの機能を落とさないトレーニングが必要となります。

ケガの原因の背後に身体的な特徴や運動のくせなど身体的問題が無いことから、ケガの治癒が確実に得られ、後遺障害が少なく、筋力や可動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多い外傷です。

使いすぎで起る慢性の障害

一般的には、比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起ります。
針金を繰り返し曲げると折れてしまう金属疲労と同じ現象です。

多くの障害には誤った動作の繰り返しや姿勢など明らかな原因が見つかりますが、本人や指導者も気付かない運動方法や運動時間に問題が認められる場合もあります。

障害には必ず原因があること、一旦発生すると経過が長くなりやすいことなどから運動開始前後のメディカルチェックや日頃からの運動器のケアを心掛け、何よりも予防することが大切です。

046-876-5538
予約優先・お問い合わせ:046-876-5538
web予約はこちらから

このページのTOPへ